2007年07月05日

介護事務転職、仕事を辞める決断をするタイミング

 介護事務の仕事をしていて、どうしても転職を決断しなければならないと言う場面はいくつか存在します。どうあっても転職しなければならないのは、身体や心に不調をきたして改善できそうも無いという場合でしょう。

 最近では鬱病等のメンタルへルスに関する問題は、ある程度社会に行き渡ってきていますが、全ての会社・上司がメンタルへルスの専門家と言うわけではありません。鬱病などは、メンタルへルスの知識が無い上司にとっては、たんなる怠けと見えるようですが、簡単にいうと心が骨折を起こしているような状況ですので、頑張ろうとすればするほど骨折の状態はひどくなるのです。

 こういった場合は、まずは精神的な骨折が治るまで十分に休み、かつ場合によっては再び骨折を起こさないように職場を変える必要があります。

  また、上記のような特殊な例を除き一般的な介護事務の仕事を辞める決断のタイミングとしては、自分と会社が困らない余裕を持って行うのが普通でしょう。自分にとっては収入的な問題がありますので、次の仕事を決めてからというのがベストです。

 現在勤めている会社にとっては辞める時期がわかるのが早ければ早いほど良いのでしょうが、こちらの心理的負担等からできるだけ遅らせたいというのが普通です。一般的には最低でも1ヶ月前というのが大抵の労働規則には入っていますので、それを目安にすべきでしょう。

 ただ、あまり年を取ると転職は非常に難しくなります。就職と言う人生の進路を変えるのは20代以内に納めておいた方が良いでしょう。

 介護事務転職の為の求人情報はこちら
posted by 介護事務就職案内 at 09:38| 仕事を辞める決断